外壁下塗り

塗装前 コーキング 打ち直し

本日はコーキングの打ち直しです。

サイディングの外壁などをを塗装するさい基本的にはコーキングの打ち直しをします。

サイディングのジョイント部分から水が入らないようにコーキングがしてありますが経年劣化などで割れてきます。

そのままですと水が入ったりサイディングのズレなどがおきてしまうため打ち直しを行い塗装をします。

 

既存のコーキングをしっかり剥がしマスキングで養生した後にプライマーを行います

 

その後コーキングを打ち直しヘラで整えてしあげていきます。

 

 

最後にはみ出てしまったり延びてしまった部分を整えて完了となります。

屋根 アステックペイント 二液形

 

この間の続きです。

屋根のシーラーが乾きましたら中塗りをします。

アステックペイントの2液形塗料を使用しました。

屋根の傷みがありましたので刷毛で細かい部分までしっかり塗装しその後からローラーどぇ中塗りを行いました。

 

 

乾いたのちローラーでもう一度塗り3回塗りとなります。

 

最初とくらべると見違えるようにキレイになりました。

 

 

 

 

屋根 塗装 アステックペイント 

本日は先日より行っています現場の屋根塗装です。

今回の現場の屋根は非常ひ傷んでいましたので早急な塗装が必要でした。

塗装前はこのような状況でした。

このような状況でしたので強固なシーラを塗装する必要があったため2液形エポックマイルドシーラーを塗装しました。

 

 

乾いたら中塗り上塗りをする予定です。

 

外壁 下塗り シーラ アンダーフィーラー

本日は先日より行っています現場に下塗りについてです。

外壁を塗る際基本的に4回塗りを当社では行います

その内2回は下塗りなのですが下塗りを疎かにすると密着不良やムラなどにつながる為慎重に行います。

 

1回目はシーラーを塗装します。

材料は水性カチオンシーラーです。

透明で水のようですが密着を良くします。

 

その上に2回目となるアンダーフィーラーをしっかり塗装します。

アンダーフィーラーはどろどろしていますがヘアクラックを埋めたり下地を慣らしたりできます。

 

甲斐市 住宅 全塗装 養生

新しい現場が本格的に作業開始となりました。

先日高圧洗浄は終わっていますので養生貼りからのスタートとなります。

養生は塗装をする際に塗装する部分としない部分を見切る為やシブきなどで汚さないようビニールやテープ貼る事です。

真っ直ぐ貼っていなかったりしっかり養生をしておかないと仕上がりが悪かったりサッシや窓を汚してしまうのでしっかり養生します。

養生が完了となったので軒天をケンエースG22回塗りで塗装しました。

1回では透けてしまったりしっかり塗料が機能しない場合もありますのでしっかり2回塗りでしあげます。