• ホーム
  • 環境への取り組み&安全対策

環境への取り組み&安全対策

環境への取り組み

F☆☆☆☆(フォースター)

ホルムアルデヒド、鉛、貴金属や化学物質を配合していない材料を使用しています。

F☆☆☆☆(Fフォースター)は、JIS工場で生産されるJIS製品に表示することが義務づけられている、ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークです。2003年3月21日の壁紙の日本工業規格(JIS)改正によって、ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表すために新たに表示することが決められました。壁紙「JIS A 6921」規格における改正のポイントは4項目あり「ホルムアルデヒドに関する基準取り決め」が主な内容となっています。「F☆☆☆☆」マークの「F」はホルムアルデヒド、「☆」の数が多いほどより放散が少ないことを意味しており、その中で最も少ないものが「F☆☆☆☆」です。 建材(塗料も含む)はホルムアルデヒドの放散量により、下記のようにFスターで分類されています。F☆☆☆☆と表示されている建材や内装材だけが、建築基準法によって使用量が制限されません。F☆☆☆やF☆☆になると条件付きの使用や使用量の制限があり、F☆のものは内装材としての使用は禁止されています。

産業廃棄物処理

マニフェスト制度で適切なゴミ処理

使用した空き缶や養生ビニールなどのゴミは専属の産業廃棄物処理業者と契約していますのでマニフェスト提出し、現場においてきたり一般のゴミとして一切出すことはしません。

マニフェストって?
委託処理する産業廃棄物はマニフェストで管理することが法律で義務づけられています。
マニフェスト制度とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託するときに、マニフェストに産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡しながら、処理の流れを確認するしくみです。
それぞれの処理後に、排出事業者が各業者から処理終了を記載したマニフェストを受取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたことを確認することができます。これによって、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に防ぐことができます。

安全への取り組み

これまで当社は現場での事故・怪我ゼロを10,000日以上更新中です。

・安全帯、ヘルメットの着用を義務付けております。
・夏の熱中症、流行性の風邪などは社員の様子を確認し、健康状態を把握しています。

これまで当社の社員は病気、怪我による長期欠勤はありません。年に1~2回の安全衛生講習を受講しています。また、年に一度の検診を受けることもすすめています。

現場での請負業者賠償責任保険加入

・塗装中、近隣に停めてあった車に塗料が飛散した。塗料を落とすために30万円ほどかかった。
・洗浄中、窓の鍵が閉まっていないときがあり、水の勢いで窓が開き、室内に水が入り機会や壁のクロスをぬらしてしまった。修理に高額な費用がかかった。
・塗装中、道を歩いていた人の服にペンキが付いた。金額が分からないので弁償ということが難しかった。
・塗装工事が始まってからエアコンの調子が悪くなった。養生のため(ビニールで汚れ防止をするため行う作業)ではないかといわれた。工事後、エアコンを購入し取り替えた。

以上は他の塗装業者から聞いた施工時のトラブルです。
以上の件は工事前・工事中常に気を配りながら仕事を行っていれば起きることはありません。

しかし、万が一起きてしまった場合、依頼していただいたお客様やご近所の皆様へのご迷惑を最小限にとどめるよう、当社では請負業者損害賠償責任保険に加入しています。
工事請負業者が業務遂行中に他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして賠償責任を負担した場合に、その損害をカバーする保険です。
お見積もりから施工までの流れ 施工実績・お客様の声 よくある質問 環境への取り組み&安全対策 別荘の塗り替えも好評承り中!! 作業日誌好評塗り替え中!!