塗り替えのヤマシタ塗装が選ばれる理由

自社足場 自社塗装だから安いと評判!!

当社は完全自社施工です。ハウスメーカーや多くの同業者の場合、お客様からご依頼を受けたあとに、塗装業者(下請け会社)へ依頼する形式のため、よけいな手数料や人件費などが発生します。ヤマシタ塗装では足場の設置から施工まですべて自社対応しているので余計なコストがかからず、低価格で良質な仕上がりをご提供できます。

地元の業者、責任施工なので安心!!

地元地域に密着したサービスをご提供しているため、いつでも迅速な対応が可能です。
また、お客様から安心してお任せいただけるよう、すべての作業において丁寧な説明を行っています。施工内容についても、作業前後や作業工程の現場写真を撮影し、お客様にお渡ししています。

工事時、家周りの物を片付けられないお客様はご安心ください!

当社では、物置移動、鉢植え、バルコニー内の荷物など全て当社で移動し、塗装完了後に元に戻す作業をサービスの一環として行っています。

こだわりの4回塗りが標準的な塗装方法!!

一般的には、壁材を補強して塗料の接着性を強める「下塗り」1回と、お客様から指定された色で塗装する「上塗り」2回の合計3回塗りが基本的な塗装工程です。しかしヤマシタ塗装では・・・

【1】下塗り(シーラー)
【2】下塗り(アンダーフィラー)
【3】上塗り1回目
【4】上塗り2回目


下地を2回、上塗り2回の合計4回塗りの施工を行っています。

なぜ4回塗りなのか

4回塗りにこだわる理由は2つあります。
1.既存外壁と高密な上塗り塗料の密着性・耐久性を高めるため
2.剥がれ・ひび割れを起こす危険性を最小限に食い止めるため

シーラーって?

シーラーとは屋根・外壁と塗料を確実に密着させるために必要な下塗り剤です。シールする(接着する、覆い隠す)という意味から“シーラー”と呼ばれます。
シーラーは、主に下地と上塗り塗料との接着剤の役割りと、上塗り塗料の吸い込みムラを抑える役割りをします。
「溶剤タイプ」「水性タイプ」の2つに大きく分けられます。
※使用する塗料によっては専用のシーラーが用意されている場合もあります。

●溶剤タイプ 浸透性(含浸性)が高く、痛みがある場合に有効です。
●水性タイプ 溶剤タイプに比べ、塗装時や乾燥途中の臭いが少なく、塗装終了後の道具の洗浄(排水)時を含め、環境に対する影響が少ないです。

フィラーって?

フィラーとは、filler(埋める物、詰め物、充填材など)からくる用語で、「下地の凹凸を埋め、下地を調整する」意味から“フィラー”と呼ばれます。
フィラーは、主にクラック(ひび割れ)の補修や、段差のある下地を平滑にならす為に使われます。
シーラーとフィラー機能を兼ね備えた“微弾性フィラー”というものもあります。
下地を2回塗る、手間隙かけた工程が、次の中塗りの工程での「密着性」を高め、10年後、15年後まで長持ちする塗装を生みだします。

施工後も安心の長期保障

工事完了後、保証書を発行しております。施工後もご安心いただけるアフターフォロー体制を整えております!いつでもお気軽にご用命ください。

迅速な対応

地元企業ならではの地元地域に密着したサービスをご提供しているので、迅速な対応が可能です!
一般住宅・別荘・アパート・マンション・店舗・etc どんな建物でもご相談ください!

丁寧な清掃

地域密着の塗装店として施工現場はもちろん、地域への配慮も欠かさずに行っています。施工現場はしっかりと清掃し、施工中に出たゴミは残さず片付けますので、ご安心ください。

お客様アンケートの実施

常にサービス品質・技術の向上を行うため、施工後にはお客様アンケートへのご記入をお願いしております。いただいたご指摘は真摯に受け止め、改善に努めます。
また、お客様アンケートに答えていただいたお客様には1000円分のQuoカードをプレゼントしています。

カラーシュミレーション

お見積もりから施工までの流れ 施工実績・お客様の声 よくある質問 環境への取り組み&安全対策 別荘の塗り替えも好評承り中!! 作業日誌好評塗り替え中!!