お家の一大イベント 塗り替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

●お家の一大イベント 塗り替え

お家の塗り替えは一大イベント。そう簡単に何度もできない、やり直せないものだからこそ、色選びは慎重にしたいものですよね。

「家にはどんな色が合うんだろう・・・」
「こういう色がいいんだけど周りの景観を邪魔したらどうしよう」
そんなお悩みもカラーシュミレーションで解決!
今お住まいの家の写真を画像処理して、塗装後のイメージを塗装前にご確認いただけます。

お家の一大イベント 塗り替え

あなたが思い描く、理想のイメージは何色でしょう?
お客様の理想を現実にするのが私たちペイントショップ山梨の使命です。

新しい色たちとの出会いのお手伝いをいたします。

今回は、お家の色決めの手順や方法をご紹介いたします。
ぜひ、色を決める際の参考になさってください。

●色の決め方の手順

大事なお家の色を決めることは、勇気と思い切りが必要で、なかなか難しいことです。
屋根はどんな色にしようか、壁はこんな色がいいな・・・など、悩みますよね。
でも、色の決め方の手順に沿うことで、簡単にお好みの配色を決めることができます。

①景観色のチェック
お客様の住んでいる街が景観ガイドラインによって、外装飾が制限されているかを市や区役所に問い合わせて確認します。

②イメージを決める
お客様の望むライフスタイルから、どんな雰囲気にしたいのかを決めます。次に基本となるトーンを選定していきます。

③塗り分け部位を決める
概観は単調になりがちなので変化を与えてあげることが大切です。
色を上手に組み合わせてみるのもポイントです。
2階建ての場合は1階と2階をツートンカラーにしたり、屋根・ドア・窓枠・フェンスはアクセントとなるカラーにする。などといった感じで、塗り分ける部位を決めます。

・外観の色の捉え方
外観に複数の色を使う場合には、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーに分け、それぞれの面積のバランスも考えます。

■ベースカラー(基調色)・・・イメージを作る外観の大部分を占める色。
面積は全体の70%以上。
■アソートカラー(補助色)・・・外壁に変化や特徴をつける色。面積は全体の20~30%。
■アクセントカラー(強調色)・・・外観全体を引き締めたり、際立たせるために用いる。面積は全体の5%程度。

④ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーを決める
どこをどんなふうに塗り別けるかをきめたら、色を選びます。
広い面積の外壁をベースカラーとし、色見本帳から、2~3色候補を選びます。
アソートカラーは、ベースカラーの色相やトーンに近い色を用いると馴染みやすくきれいに仕上がります。アクセントカラーはベースカラーとは異なる色調の色を用いると、その形状を強調し、変化を演出します。例えば小面積のドアやフェンスなど家のポイントとなる部位に用いると効果的です

⑥色のバランスをチェック
最後に全体の色のバランスを良く見ましょう。

「色を考えるってちょっと面倒だわ」という方はペイントショップ山梨にお任せください!
ご予算とお家の状況に合った塗装方法、色のご提案をいたします。
詳細は「ペイントショップ山梨 ヤマシタ塗装」公式ホームページをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

山梨県甲斐市の地元ならではの安心と信頼の10年保障

コメントを残す

*


*